2015年03月22日

シーズン前の自己流メンテナンス

だんだんと暖かくなってきたから VTR250 のメンテナンスしました。
基本的にやることは掃除と注油なんですが、毎年シーズン前にやっています。

去年もちょうど今頃でした。


だんだんと年をとってきたせいか、予定していたことを忘れてしまったりします。(笑)
だからあらかじめ作業内容をメモしておきました。

シーズン前の自己流メンテナンス


ガソリンタンクを外す前に、燃料ホースと負圧コック用のホースを外します。
これは負圧コック用のホースです。 外しやすいようにクリップを社外品に
交換してあります。

シーズン前の自己流メンテナンス


シートも外して立てかけておいたんですが・・・。 下に水溜りができている???

シーズン前の自己流メンテナンス


どうも雨水がシートの中のスポンジに染み込んでいるみたいです。 縦にすると
先端の部分に落ちてくるみたいです。 手でぎゅっと押すとぶちゅぶちゅっとでてきます。

シーズン前の自己流メンテナンス


気を取り直して、作業を続けます。
まずは、エアクリーナーの点検と汚れ落とし。 たまに、虫の死骸なんかが
入っていることもありますね。 今回は異常なし。 きれいなもんです。

シーズン前の自己流メンテナンス


乾式フィルターだから汚れをエアダスターでとばしておきます。 風圧が弱いから
本当はもっと近くで吹いてます。

シーズン前の自己流メンテナンス


次は 内圧コントロールバルブ の掃除です。 ホースの途中にある銀色の部品です。


固定しているタイラップを切って外します。

シーズン前の自己流メンテナンス


バイスにはさんで モンキーレンチでまわせば簡単に分解できます。
多少ねばねばした感じはありましたが、固着する感じはないですね。
いちおう パーツクリーナー できれいにしておきました。

シーズン前の自己流メンテナンス


次はワイヤーの注油と左右レバーの清掃・グリスアップです。
レバーは一度外して新しいグリスを塗って組みなおします。 WAKO'Sの赤いグリスです。

シーズン前の自己流メンテナンス


ワイヤーには インジェクターを使って強制的にグリスを送り込みます。
スロットルワイヤーの途中には遊び調整用の部品があるから、グリスがもれないように
ビニールテープで塞いでおきます。

シーズン前の自己流メンテナンス


ブレーキキャリパーも掃除します。 パッドの削れカスがたまっているから真っ黒です。

シーズン前の自己流メンテナンス


ピストンを掃除するときには、この ピストンまわし があると便利です。
グリップ部分を握ると先端が開いてピストンを内側から押さえるしくみです。

シーズン前の自己流メンテナンス


ピストンをまわすときはこんな感じになります。
最初は古い歯ブラシとウェスで拭いて、CCIメタルラバーを吹いてピストンを
出したり入れたりしながら滑らかに動くようにしてあげます。

シーズン前の自己流メンテナンス


フロントのブレーキパッドはずっと前から交換してません。 記録だと 2万km以上走ってる。
BESRAH ベスラ というブランドなんですがすごいです。

シーズン前の自己流メンテナンス


パッドの残りは 2mm と 4mm だったからこのままでもよかったのですが、
ずっと前に購入してあった パッドがあったから 交換することにしました。
デイトナ の ゴールデン・パッド です。 新品は 2.7mm と 2.7mm です。

シーズン前の自己流メンテナンス


キャリパーの掃除とパッドの交換が終わったら、ブレーキフルードを交換します。
ハンドルのマスターシリンダのカップの蓋を空けたところです。 茶色とまでは
いかないけれどだいぶ黄ばんでます。 前回交換してから 2年経ってます。


シーズン前の自己流メンテナンス


オイル交換するときはこんな感じで作業します。 上のカップに新しいフルードを継ぎ足して
少しずつ下から古いフルードをぬいてゆきます。 ブレーキフルードは塗装面を傷めるから
こぼさないように注意します。

シーズン前の自己流メンテナンス


リアのブレーキの前にチェーン周りの掃除と注油です。 掃除に使うのはフィルタークリーナー。
キシレンという成分が油汚れをきれいに落としてくれます。 パーツクリーナーみたいに
ぱしぱしにならずに少しだけ油脂が残るような感触です。 樹脂を傷めないから
チェーンの Oリングにもやさしいだろうと思います。 (自分の想像ですけど)

シーズン前の自己流メンテナンス


ドライブ側のスプロケットの周辺はグリスと砂や砂利が固まってべとべとです。
まずは棒のようなもの(アイスキャンディーの棒を使いました)でおおまかに取り除きます。

シーズン前の自己流メンテナンス


フィルタークリーナーを刷毛で塗ってやると油汚れが黒く溶けてきます。

シーズン前の自己流メンテナンス


この後、水をかけてやると水が白く濁りながら汚れが落ちてくれます。 何回やっても感激します。

シーズン前の自己流メンテナンス


ドリブン側のスプロケットもきれいになりました。

シーズン前の自己流メンテナンス


フィルタクリーナーで掃除したときの欠点は水分が残ってしまうこと。
だから、水置換性のある WAKO'S チェーンルブ を使ってます。

シーズン前の自己流メンテナンス


リア側のブレーキキャリパーも同じようにきれいにしておきました。

シーズン前の自己流メンテナンス


この後で ブレーキ・フルードの交換をやろうと思っていたら雨が降ってきました。 あれー。
また来週かなーと思ってましたが 1時間くらいでやんだから続行です。

古いフルードは少し黄ばんでました。 ブレーキフルードは空気中の湿気(水分)を
含んでしまうと黄ばんでくるのですが、そうなると高温に耐えられなくなってしまいます。
まあ、そんな場面になるような運転してませんけどね。 あはは。
最初にカップに残った古いフルードを注射器で吸い出してやると作業が簡単になります。

シーズン前の自己流メンテナンス


ここまでの作業が終わって片付けると空が暗くなってしまいました。
エンジンオイルとエレメントの交換は時間切れでできませんでした。

今日は一日バイクいじりでした。 楽しかった。 あはは。


posted by おが at 22:22| Comment(0) | VTR250 メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: