2016年01月23日

フューエルワンとバッテリー充電

今週の月曜日は雪が降って寒かったです。 週末になっても寒い・・・。

ちょっとだけバイクとシエンタの いじり です。
年明けに工具屋さんストレートに行ったときに ガソリン添加剤 フューエルワン を
購入しました。 以前バイクには ヤマルーブのカーボンクリーナーというのを
入れましたが同じようなものだと思います。 きれいなボトルです。
これを見た長女が「何それ、おいしそー」と言ってました。(笑)

フューエルワンとバッテリー充電

自動車の場合 30〜60L に一本(300ml)を入れるか 1% 未満の割合で入れるということです。
ちょっとケチって バイクには 50ml、シエンタ には残りの 250ml にしました。

フューエルワンとバッテリー充電


シエンタにはガソリンスタンドで給油する前に残りを全部入れました。

フューエルワンとバッテリー充電


効果はきっとわからないでしょう。(笑) でも、気分の問題ですよね。
特にシエンタは街乗りばかりでいつも低回転走行ですからカーボンがたまりそう。

ガソリンスタンドから帰った後で、VTR250の バッテリー充電です。
シートを外すとバッテリーが見えます。 ヘッドライトを LEDにしたときにエンジンを
かけようとしてバッテリーがあがってしまってました。 シエンタから給電して
近所をくるっと走ってあったので、今回はセルでエンジンかけられました。

たいがいのバイクはここにバッテリーがあってアクセスが簡単なんですが、
昔乗っていた スズキの カタナ はとってもたいへんでした。
シート下にあるのはエアクリーナー・ボックス で、その下にバッテリー がありました。
吸気系統がストレートになるし、重量のあるバッテリーを低い位置に置けるのは
よいのだろうけど レーサーじゃないんだから・・・。

フューエルワンとバッテリー充電


バッテリーを外すときはマイナス(アース)側が先です。 プラスドライバーでネジを
緩めるだけです。 順番を逆にすると、ドライバーが車体に触れたときに火花が飛んで
びっくりしますよ。

フューエルワンとバッテリー充電


充電器はずっと昔に購入したもの。 3,800円の値札が黄ばんでます。 あはは。
それこそ カタナに乗っていた頃に買ったものだから 30年くらい前のものです。

フューエルワンとバッテリー充電


宝の地図のようになった説明書をみると、二輪車の充電は 4時間くらいと。
これはゼロからの充電時間だと思うので状況を見ながら進めるほうが良さそうです。

フューエルワンとバッテリー充電


バッテリーにつないでから ACコンセント側をつなぐと充電が始まります。
いちおうまだ使えるみたいなんでほっとしました。

フューエルワンとバッテリー充電


最初はメーターの表示がこんな感じです。 これを見ると充電する必要はあまりなさそう。

フューエルワンとバッテリー充電


それでも 45分くらい充電しつづけたら少し上がりました。

フューエルワンとバッテリー充電


そのあと、更に 15分くらい放置しましたが、あまり変化がないのでおしまいにしました。

バイクに積んでセルを回しましたが、前とあんまり変わらなかった。 がくっ。
新品のバッテリーだともっと元気に回るはずなので、やっぱり寿命なのかもしれない。

6年前に購入したときは 13,000円くらいしました。 (古河電池の国産品です)
インターネットで 台湾ユアサ あたりをみると 5,000円くらいで買えそうです。

どうしようかな・・・。 春にはタイヤ交換もあるしな・・・。

posted by おが at 12:54| Comment(0) | VTR250 メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: