2016年03月19日

2016年シーズン前のメンテ(続き)

前回は途中までだったので、VTR250 メンテナンスの続きをしました。
(といっても自己流です。 プロのひとから見たら笑われちゃうかも)

リア・ホイール周辺をいじりたいので、メンテナンス・スタンドをかけます。
最初は サイドスタンドの状態で 後ろからスタンドをあてます。 スイングアームの
どのへんを持ち上げるかをだいたい決めておきます。

2016年シーズン前のメンテ(続き)


次に、バイクの後ろにまわって、バイクをまっすぐに起こしつつ、リアスタンドを
足で踏んづけて、スタンドに乗せます。 バイクを起こすときに、転ばさないように
スタンドに力をかけながらやるのが具合いいです。

2016年シーズン前のメンテ(続き)


無事に後輪が持ち上がりました。

2016年シーズン前のメンテ(続き)


インナーフェンダーを外して、後輪も外します。 ホイールの込み入った部分に
ワックスをかけるチャンスです。(笑)

2016年シーズン前のメンテ(続き)


スイングアームの周辺も ウェスで汚れを拭いて ワックスをかけておきました。

2016年シーズン前のメンテ(続き)


リアブレーキのパッドがかなり磨耗してました。 こりゃ ダメですね。
ということで作業を中断して 近所の 2りんかん に行ってパッドを買ってきました。
寿命を重視して デイトナのシルバーパッド。 本当は ベスラ が欲しかったけど
おいてなかった。 NAPSの方が品揃えが良いですね。

2016年シーズン前のメンテ(続き)


新しいパッドです。 シューの部分が厚くて長持ちしそう。(笑)

2016年シーズン前のメンテ(続き)


少しだけ角を落としておきます。 泣きを抑えるとか、なじみをよすくるとかいうけど
おまじないみたいなもんです。 あはは。

2016年シーズン前のメンテ(続き)


キャリパーにはパッドが削れたカスがついているので、古い歯ブラシで落としてやります。
ピストンはウェスできれいに拭いてから CCI メタルラバー をつけます。
何回かピストンを出し入れすると、動きが滑らかになるのがわかります。

2016年シーズン前のメンテ(続き)


ブレーキパッドの厚みが増えたので、その分リザーバータンク側にフルードが
戻ってしまいます。 満杯になると良くないので、少しぬいておきましょう。
注射器でちゅーっと。

2016年シーズン前のメンテ(続き)


ブレーキパッドを固定するための スライド・ピンに 錆がでてます。

2016年シーズン前のメンテ(続き)


紙やすりで擦って、錆をおとしておきました。 とりつける前にはグリスを薄く塗ります。
汚れがつきやすくなるけど 錆止めのためですね。

2016年シーズン前のメンテ(続き)


新しいパッドに交換できました。

2016年シーズン前のメンテ(続き)


ドライブチェーンまわり。特に前側の ドライブ・スプロケット周辺の汚れはすごいです。
チェーンにつけた油脂がたまって、砂利なんかの汚れがくっついてます。

2016年シーズン前のメンテ(続き)


ここは自転車で使っている WAKO'S フィルタークリーナーの出番です。

2016年シーズン前のメンテ(続き)


フィルタークリーナーの前に汚れの固まりをおおまかに除きます。
アイスキャンディーの棒が使いやすくていいですね。 ガリガリ君の再利用です。
フィルタークリーナーを刷毛で塗ってやると、油汚れが融けて黒くなります。

2016年シーズン前のメンテ(続き)


水をかけると白くなって汚れが流れてゆきます。 あー気持ちいい。

2016年シーズン前のメンテ(続き)


きれいになったでしょ。

2016年シーズン前のメンテ(続き)


ゴールド・チェーンだからきれいになったときの気分がいいです。

2016年シーズン前のメンテ(続き)


少しだけエンジンをかけて後輪を回して 水気をとばします。 その後で
WAKO'S チェーン・ルブを塗っておきます。 水置換性があるからちょうどいいです。
吹き付けた最初は柔らかいんですが徐々に粘度があがってゆくみたいです。
細かいところにも浸透してくれるからいいですね。

2016年シーズン前のメンテ(続き)


で、今日のメンテナンスは終了〜。

2016年シーズン前のメンテ(続き)


あー、楽しかった。(笑)

posted by おが at 07:56| Comment(0) | VTR250 メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: