2017年06月25日

シマノのグリス購入

主に自転車いじりに使っている シマノのグリスが無くなってきたので購入しました。

今まではプラスチックの容器に入ったものを使ってきましたが、指ですくって
使うのが面倒なのでチューブ状の容器に入ったものにしました。
いちいち指がべたべたになるよりも、容器の中に汚れが入るのが不便でした。

一番左が最初に買ったもの、真ん中が今使っているもの。
良くみると商品名が違います。 最初のものは デュラエース スペシャル・グリース ですが
真ん中のものは プレミアム・グリース です。 デュラエースじゃないの?

シマノのグリス購入


今回買ったのは 今と同じで プレミアム・グリース です。
PRODUCT OF GERMANY というのは ドイツの製品ということでしょうか?
製造国がドイツというわけではないのかな。

シマノのグリス購入


まあ、細かいことはいいですね。 ははは。

posted by おが at 21:05| Comment(0) | 自転車 いじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

クロスバイクのハブ・グリスアップ

日曜日は朝から自転車いじりをやりました。
息子くんが乗っているクロスバイクです。 以前にチェーン交換したり、とりあえず
普通に乗れるようにしたから、今日はハブをグリスアップします。

車輪を外すから自転車をひっくり返します。 サドルに傷がつかないように敷物をおきます。

クロスバイクのハブ・グリスアップ


車輪を固定しているのはクイックで工具が要りません。 ブレーキワイヤーを緩めて
キャリパーを拡げてあげれば簡単に外れます。 手で回してみたら ゴリゴリした感触です。

クロスバイクのハブ・グリスアップ


ゴム製のキャップみたいなのがついているから、細いドライバーでこじって外します。
水や砂が入らないための部品だと思います。

クロスバイクのハブ・グリスアップ


もう一度回してみますが、やっぱり ゴリゴリ。 (あたりまえですね)

クロスバイクのハブ・グリスアップ


固定しているナットを外して、玉押しを外しました。 ちょっとだけ虫食いのような傷あり。
グリスもだいぶ古くなってますが、なんとか潤滑はされてる状態です。

クロスバイクのハブ・グリスアップ


なんだろね。 安物のゼリーみたい感じ。

クロスバイクのハブ・グリスアップ


片側に 10個ずつのスチールボールが入ってます。 茶こしにいれてパーツクリーナーで洗います。

クロスバイクのハブ・グリスアップ


ハブの玉うけの方もパーツクリーナーできれいにしました。 外した小物も。

クロスバイクのハブ・グリスアップ

クロスバイクのハブ・グリスアップ


シマノのグリス、デュラエースをハブに塗りこみます。

クロスバイクのハブ・グリスアップ


ピンセットでスチールボールを並べてゆきます。 手でやってもできるけどね。
指が太いから細かいところで落とすことがあるので、ピンセット使うほうが確実です。

クロスバイクのハブ・グリスアップ

クロスバイクのハブ・グリスアップ


ボールの上からもう一度グリスを乗せます。 多少回転が重くなるけど多いほうが安心です。

クロスバイクのハブ・グリスアップ


車軸には薄くグリスを塗っておきます。 これは腐食しないため。

クロスバイクのハブ・グリスアップ


金属製のカバーみたいなのを押し込みます。 外すときはマイナス・ドライバーでこじって
外しました。

クロスバイクのハブ・グリスアップ


この後で、玉押しのあたりを調整しましたが写真撮るの忘れました。
ハブスパナで押さえるのですが、車軸がいっしょにまわってしまうので締めたり
緩めたりを何度も繰り返しました。 もとのゴリゴリした感触は玉押しがきつすぎたみたいです。

防水用・防塵用と思われるゴムのパーツをつけました。 これをつける前はとっても
スムーズに回転しましたが、このゴムパーツの抵抗はかなり大きいです。

クロスバイクのハブ・グリスアップ


今度は後輪です。 変速機(リア・ディレイラー)を固定するブラケットみたいな部品が
フレームにネジで固定されてますが、これが緩んでいることが多いらしいです。
細い 3mmの六角ネジ が 2本です。

クロスバイクのハブ・グリスアップ


緩んでいなかったようですが、増し締めしておきました。

クロスバイクのハブ・グリスアップ


後輪の銀色のカバーは簡単に外れなかったので、パーツクリーナーで古いグリスを
洗い流しました。 新しいグリスはたっぷりと塗りこみました。

クロスバイクのハブ・グリスアップ


反対側は フリーハブにあります。 パーツクリーナーをふいたらハブの中の
油脂も流れてしまったみたいで、ラチェット音が大きくなってしまった。

クロスバイクのハブ・グリスアップ


隙間からスプレーグリスを吹き込んだりしたけど ラチェット音変化無し。
分解方法がわからないので手をつけられず。 また、インターネットで分解方法を
探してやってみようかな。

あと、フロントブレーキが片側に寄ってしまうので、外してグリスアップをしました。

今日の自転車いじりはこれでおしまい。 作業が遅いから 3時間くらいかかった。

楽しかったー。


おまけ

月曜日の朝、インターネットで見たら ル・マン 24時間耐久レースは残念な結果でした。
モーターのトラブルとクラッチのトラブル。 また来年がんばってもらいたいですね。

ゴルフの USオープン 松山選手は凄かったですねー。 朝起きたときには 8位くらいだったのに
会社についてみたら 3位まで順位を上げてました。 日本人初の優勝も期待できますね。

続きを読む
posted by おが at 19:51| Comment(0) | 自転車 いじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

GW連休の最後 マウンテンバイクのグリスアップ

GW連休の最終日です。 明日から仕事なんで疲れることはやめときます。(笑)
マウンテンバイクのグリスアップをすることにしました。

前後のハブとディレーラーのプーリーは春先にやったから BB(ボトムブラケット)です。
自転車をさかさまにして、ペダルとクランクを外しました。 難しい作業じゃないけれど、
ギヤの歯に気をつけないと怪我をしてしまいます。 固いなと思ったら CRC-556をふいて
しばらく待ってから緩めるようにしてます。



GW連休の最終日はMTBグリスアップ


汚いねー。 グリスはべたべたするから汚れがたまってしまいます。

GW連休の最終日はMTBグリスアップ


右わんを外す専用工具を持っていないから、外すのはいつも左側です。
この フックレンチだって専用工具なんですが、右わんのそれよりは安いんです。
正ネジだから反時計回りで緩みます。 この写真だとハンドルのあたりを足で踏んづけて
持ち上げるように回します。

GW連休の最終日はMTBグリスアップ


左わんが外れました。 フレームの中から落ちてきた 錆の固まりがのってます。
でも、グリスは デュラエースの黄色がきれいに残ってました。

GW連休の最終日はMTBグリスアップ


クランク軸(ハンガーシャフトというのかな?)もグリスはきれいなままですが、
チョコチップのような錆がのってます。

GW連休の最終日はMTBグリスアップ


BB小物だけじゃなくて、クランクについているギアも外して パーツクリーナーできれいにします。

GW連休の最終日はMTBグリスアップ


組み上げたところ、きれいになって気分いいー。 ははは。

GW連休の最終日はMTBグリスアップ


クランク軸に リテーナー(ベアリング)をつけるときは方向に注意です。 これは間違い。

GW連休の最終日はMTBグリスアップ


こっちが正解です。 こうしないと右左わんの内側にリテーナーが当たってしまいます。

GW連休の最終日はMTBグリスアップ


今度は締め付けます。

GW連休の最終日はMTBグリスアップ


クランクを付ける前にはグリスを薄く付けておきます。 固着しないから次に外すときの
作業がスムーズにできます。 あ、このあとで指で広げてますよ。 あはは。

GW連休の最終日はMTBグリスアップ


クランクのキャップです。 ここのネジにもグリスを塗ります。 これは水が入らないように。
人によっては一度はいった水が抜けなくなるからキャップをつけないようですが、
私はキャップの真ん中にあいていた穴を塞いでいるので水が入らないほうを優先してます。

キャップの加工をしたときの記事です。


見栄えをよくするのに塗装もしました。


GW連休の最終日はMTBグリスアップ


クランクが付きました。 きれいなったでしょ。 むふふ。

GW連休の最終日はMTBグリスアップ


せっかく外したので ペダルのグリスアップもしました。
ペダルの根元の部分(ネジじゃないですよ)を万力ではさんで固定すると作業が楽です。
まずは キャップを外します。 専用のスパナを持っていないからプライヤーです。

GW連休の最終日はMTBグリスアップ


左のペダルはとってもきれいな状態です。 このままでもいいくらい。

GW連休の最終日はMTBグリスアップ


せっかくだから(笑)ばらしました。 外側と内側にスチールボールが 11個ずつ。
茶こしにいれて パーツクリーナーをふくと失くすことなくきれいにできます。
最初に 茶こしを使い始めた人はすごいね。 よく思いついたもんだ。

GW連休の最終日はMTBグリスアップ


これは ペダルの内側。 グリスを塗って 11個並べます。 この上からもう一度
グリスをのっけてからシャフトを通しました。

GW連休の最終日はMTBグリスアップ


無事にペダルが組みあがりました。 きれいになったね。

GW連休の最終日はMTBグリスアップ


調子が良くなったのか 変わらないのか、はたまた悪くなったのかを感じ取れる
繊細さは私にはありません。(笑) 自己満足の世界ですね。
いちおう走っていてネジが緩んだとか、そういったトラブルはないから
多少はよくなっているのでしょう。

連休の最終日の自転車いじり、楽しかったー。

続きを読む
posted by おが at 19:06| Comment(0) | 自転車 いじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

クロスバイクのお手入れの続き

前日に途中で日が暮れてしまったんで続きをやりましたよ。

銀色のスポークにペイントを塗ったところ。 ほとんどわかりませんねー。(笑)

クロスバイクのお手入れの続き


ひしゃげていたペダル。 多少はましになったけどいまいちですね。
ペダルはいろんな種類があるし、また本人が気に入ったものに交換してもらいましょ。

クロスバイクのお手入れの続き


ゴムがべたべたになっていたグリップは、自分のマウンテンバイクから外した
OGKのスポンジ・グリップに交換しました。 ハンドルバーの先端が丸くないので
バーエンドバーはつけられませんでした。

クロスバイクのお手入れの続き


新しいチェーンをつなぐのに、もともとついていた ミッシングリンクを使いました。

クロスバイクのお手入れの続き


錆で赤くなっていたスプロケット。 真鍮ブラシですったけどあまりきれいにならなかった。
オイルを塗ったら黒々としたけど、しばらく乗ったらまた錆びてくるだろうな。
でも、ずいぶん見た目は良くなりました。 ははは。

クロスバイクのお手入れの続き


フロントのギアも真鍮ブラシですって、オイルを塗っておきました。
ばらして塗装しようかなとおもったんだけど、クランクが抜けなかった。
クランク抜き工具にちょっとしたアダプターがないとダメみたいです。

クロスバイクのお手入れの続き


ブレーキとシフトのアウターが長かったから長さを調整して、グリスアップしておきました。
ワイヤーの先端がばらけないように 半田で先端処理しておきました。

クロスバイクのお手入れの続き


全体です。 もともとそんなに古くないからきれいになりましたね。

クロスバイクのお手入れの続き


ひとつだけトラブルが残ってます。 フロントギアのシフターが 1⇒2 と変速できますが
3 までいきません。(アウターのことです) インデックス・シフトを初めていじったので
解決方法がわかりません。

うーむ。


posted by おが at 20:39| Comment(2) | 自転車 いじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

クロスバイクのお手入れ

大学生の息子が友達から譲り受けたというクロスバイクをお手入れしました。

もともとのオーナーさんは、しばらく乗っていなかったらしい状態です。
とはいっても私のマウンテンバイクに比べたら全然新しいので、少しだけなおして
あげれば良さそうです。

まずは、もらったままの状態です。

青のメタリック色でとってもきれいです。 重さも結構軽い。 フレームはアルミみたいです。

クロスバイクのお手入れ


フロントフォークはカーボンです。 なかなか良いじゃない。(笑)

クロスバイクのお手入れ


左側のペダルはちょっとひしゃげてます。 転んでぶつけたのか、駐輪していたときに
転倒して曲がったのか。 そのわりに他のところに傷が無いからラッキーです。
ペダルは交換してもそんなに高くないですからね。

クロスバイクのお手入れ


チェーンは真っ赤に錆びてます。 これは交換するっきゃないですね。

クロスバイクのお手入れ


後ろのスプロケットもかなり錆びてます。 乗らなくなって結構時間が経っているのかも。

クロスバイクのお手入れ


グリップのゴムの部分がべたべたしてます。 これも交換するしかないですね。

クロスバイクのお手入れ


作業を始める前に購入したのはチェーンだけ。 シマノの 9速用です。
長さが足りないと困るから 118リンクのものにしました。 インターネットで購入して
1,700円くらい。 クロネコヤマトさんにはお世話になってます。
グリップは以前に私のマウンテンバイクに付けていたスポンジグリップとバーエンドバーを
再利用するつもりです。

クロスバイクのお手入れ


まずは錆びたチェーンを切ってしまいます。 チェーン切り工具でぐりぐりっと・・・。

クロスバイクのお手入れ


ここで最初のトラブル発生。 チェーンががびがびなせいか、工具のピンがまっすぐに
入らず、工具を傷めてしまいました。 ここあたりから作業がぐでぐでになってしまい
写真を撮る余裕がなくなってしまった。 あはは。

結局、なんとか切ることはできましたが、工具はぼろぼろ。 悲しいー。
これじゃ、新しいチェーンをつなぐのに困るなと悩んでました。

すると、捨てる神あれば拾う神あり。 なんと錆びたチェーンにはミッシングリンクが
使われていました。 もちろん錆びてましたが、錆をおとしてあげれば使えるでしょ。
ミッシングリンクというのはこれです。 この 2つの部品を組み合わせてやると
チェーンを切ったりつないだりを繰り返しできる優れものです。

クロスバイクのお手入れ


ペダルがひしゃげていたから、修正するか交換するのですが、とりあえず
外してしまいましょう。 左側のペダルは逆ネジなので右に回すと緩みます。
結構固くて急に緩むと指をはさんだりするから、注意します。
始めに CRC-556をふいておくと緩めるのが楽ですね。

クロスバイクのお手入れ


途中、おもいっきり省略ですが、後輪のスポークが 1本折れてました。
そのスポークがつついたのかチューブには穴が 2つ。 きっと思いっきり
貫通したんでしょう。

スポークの在庫もないし交換する技量もないので、後輪のスプロケットを
外して近所の自転車屋さんでなおしてもらいました。 黒色のスポークが
なかったから 1本だけ銀色になってしまった。 料金は 800円なり。

クロスバイクのお手入れ


さすがにこのままじゃ息子がかわいそうだから、つや消しの黒の塗料を
塗っておきました。 あはは。
塗料は刷毛でぺたぺた塗って、乾くのを待つ間にパンクの修理をしました。
クロスバイクはリムもタイヤも細いからチューブを出したり入れたりするのが
たいへんです。 マウンテンバイクの方がメンテナンスは楽ですね。

いろいろやったけど、全然予定の作業を完了できず、日没サスペンデット。

あーん。

posted by おが at 21:51| Comment(0) | 自転車 いじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

自転車とバイクの洗車

大晦日になりましたねー。

いちおう 台所の換気扇掃除と 年賀状が終わっているから、ちょっと余裕です。(笑)

お昼くらいになって暖かくなってきたので 自転車の掃除と タイヤの空気補充をしておきました。
といっても マウンテンバイクじゃなくて、通勤に使っている電動自転車の方です。

我が家には 3台あります。 最初は娘が乗っている ブリヂストン。 車輪が 24インチなので
少しだけ車体が小柄です。 女性でも安心です。

自転車とバイクの洗車


最初は ホースで水をかけながら洗って、次に 台所洗剤を薄めたのをスポンジにつけて
洗いました。

自転車とバイクの洗車


洗剤をよーく洗い流してから、固形ワックスで艶出ししておきました。
もうほとんど残っていないけれど、自動車には使っていないからなかなか減りません。

自転車とバイクの洗車


2台目は 嫁さんの ヤマハ パス です。 我が家で初めて買った 電動自転車です。
もう 10年くらいになると思います。

自転車とバイクの洗車


3台目は 自分が通勤に使っている ヤマハ パス。 嫁さんのをみてうらやましくなって
買ってしまいました。 あはは。

自転車とバイクの洗車


お天気もいいから、ついでに バイクもきれいにしておきましょう。

といっても 雑巾で 汚れをふき取って ワックスをかけるだけです。
シートをはずしてあげるとワックスがけがやりやすいです。

自転車とバイクの洗車


いつも見ている景色ですけど VTRのハンドルまわりはすっきりしていて
良いデザインだと思います。 そんなにかっこよいわけでもないけど、あきがこない。

自転車とバイクの洗車


ワックスがけが終わりました。 3月までおやすみなさい。(笑)

自転車とバイクの洗車
posted by おが at 14:53| Comment(0) | 自転車 いじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

ハブ・ブラシの自作

すごい久しぶりの 自転車いじり ネタ です。

車輪の中につけて 汚れがつかないようにしてくれる ハブ・ブラシ を自作しました。
ハブ・ブラシというのはこんなものです。 数百円で買えるものです。
ハブ毛という呼び方もあるみたいです。

ハブ・ブラシの自作


別に不都合があったわけではありません。 いつも見ている kinoの自転車日記 という
ブログにハブ・ブラシを自作する記事があったので真似してみました。 あはは。
そちらの日記では ペダル用の 革製ストラップを使っていましたが、持っていないので
古いベルト(ズボンに通すやつです)の革を使うことにしました。

ハブ・ブラシの自作


カッターを使って、半分の太さにして適当な長さでカットしました。
前輪と後輪のふたつ用意しました。

ハブ・ブラシの自作


穴あけポンチを使って穴をあけて、蝶ネジとナットで固定することにしました。
これならスポークが邪魔しても作業しやすいかなと思って。
ネジやナットはくるくる回らないための重りの役割もあります。

ハブ・ブラシの自作


・・・と思ったのですが、失敗。 蝶ネジがスポークの内側にあたってカチンカチンいってしまいます。

普通のネジに交換しました。 これなら大丈夫。

ハブ・ブラシの自作


それでも内側のナットやネジの先端が ハブにあたってしまうと良くないですね。
何かで対策しないといけないな。 いろいろ探してみたら、洗車などに使っている
水道のホースがちょうど良いくらいのサイズでした。 輪切りにします。

ハブ・ブラシの自作


でもって、これを内側の ナットの上にかぶせておきます。 これならハブが傷に
ならないですみますね。

ハブ・ブラシの自作


完成です。 お手軽な工作だけど、何を使うか工夫するところが勝負ですね。

ハブ・ブラシの自作


ちょっとわっかが大きいかもしれません。 切って穴をあけるだけなので
気が向いたら微調整してみましょう。 たぶんやらないと思うけど。 あはは。

おまけに今日も少しだけ ポタリングしてきました。 1時間半。

ハブ・ブラシの自作


もうすぐ年末ですね。 みなさん、よいお年をー。

posted by おが at 19:56| Comment(0) | 自転車 いじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

マウンテンバイクのグリスアップ

土曜日は朝からしとしと雨が降ってました。
いつもと同じで 6時頃にカシューの散歩行こうと起きたけど、雨なんで 2度寝。(笑)

お昼過ぎになって雨も止んで路面も乾いてきたからお散歩行こうかなと思ったけど
カシューがぐっすり寝ていて起きてこない。 あはは。

マウンテンバイクのグリスアップ


カシューの散歩は後回しにして、自転車いじりをしました。
まずは チェーンまわりが汚いから掃除から始めます。

フロントギアの方はそんなに汚いってわけじゃないですね。

マウンテンバイクのグリスアップ


リアのスプロケットとチェーンは真っ黒けです。

マウンテンバイクのグリスアップ


真っ黒になったチェーンの汚れを落とすのは WAKO'Sのフィルタークリーナーが
いいですね。 黒くなった油といっしょに汚れも洗い流すことができます。

マウンテンバイクのグリスアップ


使う分だけを別の容器に出します。 100円ショップで買った金属製の軽量カップです。

マウンテンバイクのグリスアップ


刷毛を使って油汚れの部分に塗ってゆきます。 よっぽどグリスが固まったものでなければ
こする必要はないから、まんべんなく塗るようにします。 垂れたものは容器で受けて再利用。

マウンテンバイクのグリスアップ


油汚れが溶けて黒くなります。

マウンテンバイクのグリスアップ


水をかけると 白くなって油汚れがきれいに落ちてくれます。

マウンテンバイクのグリスアップ


水気をとばすのに 電動のブロワーを用意しました。 とっても便利なんだけど
音がうるさいのが難点です。 朝早いとちょっと気がひけるくらいです。

マウンテンバイクのグリスアップ


おおまかに水気をとばしてから ウェスで拭き取りました。 きれいになったでしょ。

マウンテンバイクのグリスアップ

マウンテンバイクのグリスアップ


チェーンが錆びてしまうと困るので 油をさしておきます。 水気が残っているので
水置換性のある WAKO'S チェーンルブ です。

マウンテンバイクのグリスアップ


きれいになったので グリスアップ作業にうつります。 14-15mmのスパナと
ハブコンレンチを使います。 玉押しの部分が薄いので専用の工具です。(廉価版ですけど)

マウンテンバイクのグリスアップ


前輪を外すときは 14mmのスパナ です。 これは専用のものじゃなくても大丈夫です。

マウンテンバイクのグリスアップ


前輪ハブの 玉押しを緩めたところ。 グリスもちゃんと残って全く問題なし。
前にやったのは 1年位前かなと思ってたんですが、実際は半年しか経ってなかった。
グリスアップしたら 1年くらいは大丈夫ですね。

マウンテンバイクのグリスアップ


古いグリスをふき取ってきれいにします。

マウンテンバイクのグリスアップ


使うグリスは シマノの デュラエース。 黄色のきれいな万能グリスです。

マウンテンバイクのグリスアップ


新しいグリスを塗りこんで 片側 11個のスチールボールを並べます。

マウンテンバイクのグリスアップ


玉押しを入れてから、ハブコンレンチとスパナを使って 玉押しの調整をします。
ガタもなくゴリゴリしないように。 結局 15回くらい緩めたり締めたりを繰り返しました。

マウンテンバイクのグリスアップ


後輪の ハブにはスプロケットがついているので 専用のアダプターを使って外します。

マウンテンバイクのグリスアップ


ハブの グリスアップと玉押しの調整は前輪と同じ作業です。 後輪側は少し大きな
スチールボールが 片側 9個入っています。

今日は リア・ディレイラーの グリスアップもやってしまいましょう。
ヘックス・レンチで簡単に外れます。

マウンテンバイクのグリスアップ

マウンテンバイクのグリスアップ


2個の プーリーが外れました。 パーツクリーナーで古いグリスと汚れをおとして
デュラエースを塗って組み立てます。 手がべたばたになるので写真がとれなかった。

マウンテンバイクのグリスアップ


組み立て終わって完成ー。 まだ 5時前だけど 少し暗くなってきたからおしまい。

マウンテンバイクのグリスアップ


このあとで カシューの散歩行ってきました。

posted by おが at 22:18| Comment(0) | 自転車 いじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

プラリペアで修理

日曜日の午後は 自転車いじり しました。

嫁さんの電動自転車のチェーンケースが欠けてしまったので、プラリペアという
便利なものを使って 欠けた部分を再生します。

前回 ワイヤー交換のときに ネジを緩めたら ぱきっと割れてしまいました。

プラリペアで修理


チェーンケースを外すのに 右ペダル(クランクアーム)を外します。 まずは樹脂のキャップを
千枚通しでこじって外します。

プラリペアで修理


次に クランク抜き という専用工具を使って にゅるーっと外します。

プラリペアで修理


プラリペアで 欠けた部分の再生するときは、型をとるために欠けていない部品が
必要になります。 自分の自転車の チェーンケースも外します。

プラリペアで修理


上の黒っぽいほうは欠けていませんね。

プラリペアで修理


ここから先は室内の作業です。 プラリペアの付属品の 型取りくん という
粘土みたいなゴムみたいなものを押し付けて 型をとります。
熱湯につけておくと柔らかくなって冷えてくると固まります。

プラリペアで修理


型取りするときは割れていないほうの チェーンケースですよ。(笑)
これをまちがえると悲しくなります。

プラリペアで修理


型がとれました。

プラリペアで修理


プラリペアの出番です。 前に使ったのは 2年くらい前かな。
びんに入っている液体が残りわずかになってました。 自然蒸発したのかな。
この液体は 歯医者さんの匂いがします。

プラリペアで修理


粉の上に液体をぽたっとたらすと ダマができるので、それを再生したいところに
埋めてゆきます。

プラリペアで修理

プラリペアで修理


1時間くらいたてば 型取りくん を外せます。

プラリペアで修理


その後、さらに 1〜2時間くらい待ってからやすりを使って形を整えました。

プラリペアで修理


このチェーンケースは以前にも プラリペアで修理してました。 前側のネジで固定する箇所です。

プラリペアで修理


そのときの日記です。



後は取り付けるだけ。 まだ暑いけれど表に出てがんばりましょう。

プラリペアで修理


完成です。

プラリペアで修理


久しぶりに プラリペア使いました。 これってほんとに面白いですね。

なくなってしまった液体を補充しておかないといけませんね。 たしか 工具屋さんの
ストレートにおいてあったような気がする。 こんど行ったときにさがしてみよっと。

posted by おが at 06:37| Comment(0) | 自転車 いじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

ママチャリ ワイヤー交換

日曜日は曇っているので 涼しいです。
とこどきぱらぱらっと雨が降るけど、過ごしやすい日です。

嫁さんの 電動自転車 ヤマハ パス のお手入れをしました。

ブレーキ・ワイヤーの アウターが傷んでます。 もとは灰色なんですが赤茶色に
変色してます。 10年以上経っている自転車だから 紫外線の影響ですかね。

ママチャリ ワイヤー交換


左側(リア・ブレーキ)の方が特に酷いのですが、写真がピンボケ。(笑)

ママチャリ ワイヤー交換


インターネットで、リア・ブレーキのワイヤーセットと 変速機の シフト・ワイヤーを調達。
フロント・ブレーキは短いから、マウンテンバイクで使ったものの残りを使います。

ママチャリ ワイヤー交換


交換作業中で雨がぱらついたもんだから、作業を急いで 写真撮れなかった。
3本のワイヤーを交換するのに 2時間くらいかかってしまいました。

右側(フロント・ブレーキ)だけ 黒いアウターになってしまった。

ママチャリ ワイヤー交換


左側(リア・ブレーキ)のワイヤーもきれいになりました。

ママチャリ ワイヤー交換


本当は 自分の 電動自転車の シフト・ワイヤーも交換する予定だったのですが、
お昼ご飯だよーと呼ばれて中断したので、また次の機会にしました。 あはは。


posted by おが at 15:42| Comment(0) | 自転車 いじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

マウンテンバイクのカスタマイズ

昨日、古い写真を見つけて懐かしかったので、もっと探してみました。
さいしょの写真は 2008年。 自転車そのものはこの 10年くらい前に人から
譲り受けたものですが、ほとんど乗っていないで置きっぱなしでした。
医者から運動せいっと言われて、散歩やジョギングは気が向かないので
自転車に乗ることにしました。 ほとんどいじってません。 ダイナモランプと
サイドスタンドをつけたくらいかな。 タイヤはゴツゴツです。(笑)

MTBカスタマイズ


続いて 2009年。 クッションの厚いサドルに、タイヤを 1.75インチのスリックタイヤに
替えました。 あと、バックミラーをつけてますね。 ダイナモランプをやめて小ぶりな
キャットアイのライトに交換しています。 この頃は au携帯の Run&Walkというアプリで
走行記録をとっていましたね。

MTBカスタマイズ


2010年。 何を思ったのか前後に泥除けをつけています。 旅行に使う
ランドナーみたいにしようかと考えていましたが、今見るとイマイチですな。 あはは。
あと、スピードを出せると思って クリップつきのペダルに交換しましたが
全く効果はありませんでした。(笑)

MTBカスタマイズ


2011年。 タイヤを 1.2インチの細いものに交換しました。 マウンテンバイクというより
クロスバイクみたいな雰囲気になってきました。

MTBカスタマイズ


2012年。 サドルを交換しています。 乗り心地は悪くなりました。(笑)
でも、何回か乗っているうちになれるもんですね。

MTBカスタマイズ


2013年。 うーん、ほとんど変わっていませんね。 だんだんと完成形に近づいて
きたというのでしょうか。 それともちょっと飽きてきたのか。

MTBカスタマイズ


2014年。 これはブログ友達の pantaさんといっしょに江ノ島まで行ったとき。
ボトルケージにツール缶を入れてます。 そのほかはあまりかわってませんね。
チェーンとリア・スプロケットを交換したけど見た目ではいっしょ。(笑)

MTBカスタマイズ


2015年。 サドルに雨水が染みてしまうようになったので、一旦以前のものに戻しました。
その後、フラットでシンプルな形状のものと交換しました。 クッションが薄いので、最初は
きつかったけど、2〜3回乗ったら慣れました。
あと、わかりにくいけど、サイドスタンドを小ぶりなものに交換してます。

MTBカスタマイズ


2016年。 ブルホーン・ハンドルに交換しました。 シフターもバーエンドに。

MTBカスタマイズ


いろいろやっているなー。

posted by おが at 08:25| Comment(0) | 自転車 いじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

ママチャリのシフトレバー交換

会社は今週末から一週間の夏休みです。
朝一番はいつも通りカシューの散歩。
昨日借りたレンタルCDを散歩がてら返してきました。

ママチャリのシフト交換


散歩の後は、前から気になっていた自転車修理です。
娘の自転車のシフトワイヤーの動きが渋くなっていたので
交換します。

シマノの内装3段変速のシフターです。

ママチャリのシフト交換


本当はワイヤーだけ交換したかったのですが
シフターとワイヤーのセットしか売ってなかった。
でも、1000円弱のお値段だったからまるっと交換します。

ママチャリのシフト交換


電動自転車なんでバッテリーやモーターがあるので
ワイヤーを通すのに苦労します。


ママチャリのシフト交換


部品の取り付けが終わったらワイヤーを調整します。
2速にセットします。

ママチャリのシフト交換


この状態で変速機のプッシュロッドの印が
びったりになるように調整するだけです。


ママチャリのシフト交換


無事に交換できました。
我が家の近くは坂があるので変速機が使えないと不便です。

このあとで嫁さんのもチェックしたら動きが渋い。
娘といい女の人は意外に気にしないのかね。(笑)

この記事は初めてスマホから投稿しました。
あー、めんどくさかった。あはは。

posted by おが at 14:49| Comment(0) | 自転車 いじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

ネジザウルス使って自転車いじり

マウンテンバイクのハンドルを交換したときに、シフトレバーをバーコンに
交換しています。 ちょっとだけワイヤーの張りを調整したいと思ったのですが、
フロント・ディレイラーのワイヤーを固定しているネジの 6角穴がなめてしまって
緩められなくなりました。

もともとサイズが小さいところに錆がでているからしょうがないですね。

ネジザウルス使って自転車いじり


困ったことにもとの ネジを外せない。 ラジオペンチで挟んで押さえようとしても
ネジの高さがなくてうまく挟めないのでダメです。

自転車屋さんに行って相談しようかなと思っていたけど、平日の間にいろいろ考えて
いたときに ネジザウルスというペンチみたいな工具があるのを思い出しました。
インターネットで購入。 1,600円くらいでした。

ネジザウルス使って自転車いじり


はさむ部分がネジにあわせて丸くなっていて、細かなギザギザついてます。
こりゃ、期待できそー。 むふふ。

ネジザウルス使って自転車いじり


6角穴のつぶれたネジを ネジザウルス でくわえて緩めます。

ネジザウルス使って自転車いじり


最初は ネジザウルスでも滑ってしまってかなり苦労しました。 反対側の方を
普通のヘックスレンチから ラチェットレンチに替えたら、スムーズに回せるためか
ようやく緩められました。 めでたし、めでたしー。

ネジザウルス使って自転車いじり


外れてしまえば、こっちのもの。 普通のネジに交換してしまいましょう。
錆にくいように、ステンレスのネジを買ってきました。 (3本のセットで 150円)

ネジザウルス使って自転車いじり


普通の ナットになっちゃったけど、この方が応用がきくからいいかな。

ネジザウルス使って自転車いじり


日曜日の午後は雨がふったりやんだり。 家の軒先で自転車いじりしましたが、
お天気にあわせて出たりひっこんだり。 めんどくせー。

でも、無事に修理できました。 よかったー。

posted by おが at 19:22| Comment(2) | 自転車 いじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

マウンテンバイクのハンドル交換(完成)

マウンテンバイクのハンドル交換もそろそろおしまいです。

朝一番はいつも カシューのお散歩で始まります。(今日も平和だね)

マウンテンバイクのハンドル交換(完成)


お散歩から帰って 自転車いじりを始めます。 今日はハンドルに バーテープを巻きます。
最初の部分は少しだけ斜めにカットして巻き始めます。

マウンテンバイクのハンドル交換(完成)


巻く途中は手が離せなくなるので写真が撮れなかった。 少しだけ引っ張りながら
巻くので手を離すと戻っちゃうんですよね。 といっても自己流だからこれが正しいのかも
よくわかりません。 あはは。  で、巻き終わりました。 端っこは黒のビールテープを
巻いておきました。

マウンテンバイクのハンドル交換(完成)


続いては、タイヤの交換です。 以前に 1.2インチの細いタイヤにしたことがあって
そのときのタイヤに交換します。 これまでは 1.75インチでした。
チューブが足りなかったので 1-3/8インチの米式バルブチューブを使います。

マウンテンバイクのハンドル交換(完成)


車輪を外すときには 自転車をひっくり返すのですが、ブルホーン・ハンドル用の
倒立台を木工DIYで作りました。

マウンテンバイクのハンドル交換(完成)


といっても板に足を付けるだけですけどね。  ダイソーで買ってきた 150円の板は
なんかスカスカなので、木工ボンドで張り合わせて自家製合板にしました。

マウンテンバイクのハンドル交換(完成)


1.75インチのタイヤを外しました。 コンチネンタル Continental なんですよ。

マウンテンバイクのハンドル交換(完成)


1.2インチのタイヤに交換できました。 パナレーサー Panaracer です。

マウンテンバイクのハンドル交換(完成)


完成したので、いつもの鶴見川サイクリングロードを 2時間くらいポタリングしてきました。
鷹野人道橋の手前でひとやすみ。 夏みたいな天気です。

マウンテンバイクのハンドル交換(完成)


新しいハンドルまわり。 小さなバックミラーを付けました。

マウンテンバイクのハンドル交換(完成)


34km、平均時速は 17.3km/h。 あっ、タイヤサイズを変更していないから違うかも。

マウンテンバイクのハンドル交換(完成)


ポタリングから帰って、気になるところをちょっとだけ手直し。 前輪のバルブがちょっと
横を向いてました。 ほんと雑な作業だな。 反省。

マウンテンバイクのハンドル交換(完成)


ブルホーンはほぼ水平にしたのですが、ちょっとだけ前上がりの方が楽そうです。
ネジの周辺がごちゃごちゃしているので普通のヘックスレンチだと作業がしずらい。
ラチェットハンドルにエクステンションつけて緩めました。

マウンテンバイクのハンドル交換(完成)


完成です。

マウンテンバイクのハンドル交換(完成)


ちょっとスマートになったよね。 自己満足〜。(笑)
続きを読む
posted by おが at 13:12| Comment(2) | 自転車 いじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

マウンテンバイクのハンドル交換(その2)

先週に続いて マウンテンバイクのハンドル交換です。

といっても今週末は田舎に帰省したので、土曜日の朝と日曜日の夕方だけ。

シフト・ワイヤーを取り付けました。 バーコンからハンドルバーに沿って
引き回すのでアウターがちょっと長くなります。

マウンテンバイクのハンドル交換(その2)


まだ、インナーワイヤーはカットしてません。 ぴろーんとなってます。(笑)

マウンテンバイクのハンドル交換(その2)

マウンテンバイクのハンドル交換(その2)


ブレーキとシフトの インナーワイヤーの先端をはんだ付けします。 キャップをつけなくても
バラケなくなるから次のメンテナンス作業が楽になります。 ステンレス用のはんだと
フラックスを使います。 半田ごては容量の大きめなものがいいですね。 これは 60Wです。

マウンテンバイクのハンドル交換(その2)


以前やったときにははんだごてで作業している途中で少しばらけてしまったから、今回は
カットする前にはんだ付けすることにしました。 はんだをのせてからカットしました。

マウンテンバイクのハンドル交換(その2)


リア・ブレーキのワイヤーです。 ブレーキが 2本、シフトが 2本 あります。

マウンテンバイクのハンドル交換(その2)


シフト・ワイヤーの アウターをハンドルに沿わせて ビニールテープで固定します。

マウンテンバイクのハンドル交換(その2)

マウンテンバイクのハンドル交換(その2)


バーコンの固定がイマイチでぐらぐらするので、エポキシ接着剤を塗ってみました。
あんまりしっかりくっついても困るから、外から隙間につめる程度です。

マウンテンバイクのハンドル交換(その2)


今週はここでおしまい。 あとは ハンドルに バー・テープを巻いたら完成です。

だいぶスマートな感じになりそうだから タイヤも幅の細いやつに変えようかな。

また来週〜。

posted by おが at 19:33| Comment(2) | 自転車 いじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

マウンテンバイクのハンドル交換

最近、インターネットで自転車用の部品を買い集めてました。 むふふ・・・(笑)。
ブルホーン・ハンドルバー、バーエンド・コントローラー(シフトレバー)、ブレーキレバー・・・。

マウンテンバイクのハンドル交換


シフト用のワイヤーが少し長くなると思うので、ワイヤーのセットも買いました。
以前に使った残りのブレーキワイヤーもあるのでいっしょに交換しましょう。

マウンテンバイクのハンドル交換


ブルホーン型のハンドルにするので、シフトレバーはハンドル先っぽにつける
バーコン型にしました。 ダイアコンペ DIA-COMPEは台湾のメーカーですが、
古いタイプの部品をラインナップしているので、頼りになります。

マウンテンバイクのハンドル交換

ブレーキレバーは、ギドネットというレバーが曲がっているもの。

マウンテンバイクのハンドル交換


さて、始めようかなと思ったとたんに問題発生。 バーコンがハンドルバーに
入りません。 ハンドルの内径が小さいみたいです。 とほほ。

マウンテンバイクのハンドル交換


バーコンは、ある程度太さが調整できる構造になっているのですけどね。

マウンテンバイクのハンドル交換


仕方ないからネジの頭の部分を少しだけやすりで削ってみました。

マウンテンバイクのハンドル交換


よっしゃ、入るようになりました。

マウンテンバイクのハンドル交換


太さが調整できるようになっていた テーパー部品をつけると全然入らないので、
古チューブを切って巻きつけてみました。 針金で縛って固定しました。

マウンテンバイクのハンドル交換


改めて、交換作業開始ー。 古いハンドル周りの部品を外してゆきます。
グリップのゴムは、棒(使い古しのさいばしです)をつっこんでぐりぐりと。

マウンテンバイクのハンドル交換


もともとついている ハンドル・ポストは前にオフセットしているので、普通の ハンドル・ポストを
用意しました。 これは、ママチャリなんかについているのと同じみたいです。

マウンテンバイクのハンドル交換


ハンドルを残して部品が外れました。 なんにもついていないと長く見えますね。

マウンテンバイクのハンドル交換


新しい ハンドル・バーと ハンドル・ポストに交換してみました。 高さや角度はテキトーです。

マウンテンバイクのハンドル交換


横からみるとこんな感じです。

マウンテンバイクのハンドル交換


バーコンと ブレーキレバーがつきました。 ライトや サイコンを先に付けたのは、ブレーキレバーの
位置決めをするためです。 横幅が狭いので、余裕が全然ありません。 バックミラーを付ける
スペースは残っていないので、なんか違う方法を考えないとダメみたいです。

マウンテンバイクのハンドル交換


名前の通り バーエンド・コントローラー でしょ。

マウンテンバイクのハンドル交換


お昼過ぎから作業を始めましたが、最初のトラブルがあったせいで、ここで時間切れ。
シフト・ワイヤーの取り付けと ハンドルのテープ巻きは次の週末になりました。

久しぶりの自転車カスタムなんでわくわくしてます。 うまくいくといーな。

posted by おが at 21:12| Comment(0) | 自転車 いじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

自転車のパンク修理

週末の土曜日はいい天気。

今日は病院に行く用事があるので、バイク・ツーリングは無し。
昨日の夜、娘が自転車のタイヤがパンクしたと言っていたので、修理しましょ。

娘が乗っているのは この電動自転車です。 ブリヂストンだけど、モーターとかの
駆動系は私のヤマハ パスと同じものが使われています。

自転車のパンク修理


使う道具はこんなもの。 車輪を外さないので、あまり工具は使いません。
いちおう予備のチューブ(中古)も出しておきました。

自転車のパンク修理


後輪のタイヤがぺちゃんこです。 タイヤの写真を撮ったのだけど、自分の手が
あんまりにもぷよぷよしているのに驚きました。(笑) あかちゃんみたいです。 あはは。

自転車のパンク修理


気をとりなおして、修理の続き。 バルブを抜くのでネジを緩めて外します。

自転車のパンク修理


バルブの 虫ゴムがちぎれてます。 1年もたてば普通なんですが、これが
原因で空気が抜けることもあります。

自転車のパンク修理


タイヤレバーを使って、タイヤをリムの外に出します。 このときはチューブを
かまないように気をつけます。 よく見えないから手探りですけどね。

自転車のパンク修理


チューブに傷をつけないように気をつけて引っ張り出したら、一度バルブをつけて
軽く空気を入れます。 空気漏れの箇所(穴)を探すためです。

自転車のパンク修理


バケツに水をはって、チューブを沈めます。 バルブ近くに小さな穴を発見。

自転車のパンク修理


穴の場所がわかるように 目印のテープを貼っておきました。

自転車のパンク修理


穴を塞ぐのには 修理用のパッチ と ゴム糊を使います。

自転車のパンク修理


チューブのパッチを貼る部分を 紙やすりで表面を荒らします。 ゴム糊が
つきやすくするためです。

自転車のパンク修理


ゴム糊を塗って、しばらく乾かします。 手で触ってもくっつかないくらいまで。 2分くらいかな。

自転車のパンク修理


パッチの裏側の銀紙を剥がします。 手の脂がつくから接着面に触らないほうがいいですね。

自転車のパンク修理


パッチを貼り付けたら、よーく密着するように プラスチック・ハンマーでたたきます。
傷がついたらいけないから、軽くです。

自転車のパンク修理


ゴム糊が乾くのを待つ間に他のことをやっておきましょ。
穴のあったあたりのタイヤの裏側に異物が残っていないか確認します。
残っていたら、またパンクしちゃいますからね。

自転車のパンク修理


バルブの虫ゴムがちぎれていたから交換しておきます。  ゴム管を適当な長さに切って使います。

自転車のパンク修理


ついでに前輪の虫ゴムも交換しておきましょう。

自転車のパンク修理


ゴム糊が乾いたら、表側のビニールを剥がします。

自転車のパンク修理


チューブをタイヤに戻したら、タイヤをはめる前に一度チューブに空気入れます。
これは自己流なんですが、チューブがねじれたり偏ったりしないようにするためです。

自転車のパンク修理


タイヤをはめた後も、一回軽く空気を入れたらタイヤをぐりぐりしごいてから抜いて、
もう一度入れなおします。 これはタイヤがチューブをかまないようにするためです。
かんだままでいっぱいに空気を入れるとそれでパンクしてしまうこともありますから。

で、最後にバルブの口につばをつけて空気漏れがしてないか確認します。

自転車のパンク修理


完成。 1時間強で終了。 チューブ交換にならなくてすんだからラッキーでした。

自転車のパンク修理


後から良く見たら 24インチの 予備チューブは持ってなかった。 今度ホームセンターに
行ったときに買っておいた方が良さそうです。

最後にかわいい わんこの写真で口直し。 最近は 4時過ぎになるとうーうー言うので
散歩に行くのは 5時くらいです。

自転車のパンク修理


無事になおって よかった、よかった。

posted by おが at 14:30| Comment(2) | 自転車 いじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

サンポールで錆落としの続き

1ケ月くらい前に錆が出ていた部品をサンポールに浸して錆落とししました。


で、最近自転車に乗ったときに見ると、きれいになった部品が茶色に変色してます。
今まで自然に錆びたものとちょっと感じがちがいますが錆なんだと思います。

写真がいまいち下手なんでわかりにくいですが薄茶色になってきてます。

CIMG1105a.jpg


シートポストの固定用のレバー部分も同じような状況です。

CIMG1106a.jpg

CIMG1107a.jpg


何が原因だろ・・・。 サンポールの酸で錆落としをした後で水洗いをしていますが、
酸が残っていて酸化が進んでしまったのかもしれません。
台所洗剤で中和させるというのをやったんですが効果がなかったのかな。

なので、今回は中和用にアルカリ性の洗剤をちゃんと準備しました。
「混ぜると危険」と書いてあるからいかにも化学反応しそうです。(笑)

CIMG1108a.jpg


サンポールには 30分くらい、アルカリ性洗剤にも 30分くらいつけておきました。
かなりどろっとした液体でいかにも消毒薬って感じの匂いです。

CIMG1109a.jpg


きれいになったけど、効果があったのかは 1ケ月くらいしないとわかりませんね。

うまくいってくれるといーな。

続きを読む
posted by おが at 20:33| Comment(0) | 自転車 いじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

自転車のライト

自転車のライトを買いました。

いままで使っていたのは 6〜7年くらいでしょうか。 スイッチを押すと点灯するけど
離すと消えてしまいます。 接点復活スプレーをふいたりしたけど症状は変わらなかった。
あきらめて新しいのを購入しました。 会社の帰り道、新横浜のビックカメラで。

新旧どちらも キャットアイ CAT EYE社の製品です。
銀色のガ古いので HL-EL130、青いのが新しいので HL-EL140 です。
ほとんど同じ大きさ、形状です。

自転車のライト


古いほうは LED が 3個。

自転車のライト


新しいのは LEDが 1個。

自転車のライト


キャットアイのロゴマークもちょっと変わってます。 新しいほうは まんま猫です。

自転車のライト


ハンドルに固定するブラケットの固定ネジがちょっと違います。

自転車のライト


新しいほうは リングが外れてしまいます。 締め付ければ外れませんが、
自転車整備なんかで外したときにリングを失くしてしまいそうでちょっと心配です。
なんでこういう設計に変えたんだろう。 ちょっと不思議な気がしました。
でもね、このブラケットは新旧で互換性があるので、古いブラケットに新しいライト
本体を装着できるんです。 スペアになりますね。 ちょっと得した気分。(笑)

自転車のライト


箱に「進化モデル」と書いてあるので、新しいブラケットにも良いところがあるのでしょう。

自転車のライト


ほんとかね。 あはは。
posted by おが at 23:23| Comment(0) | 自転車 いじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

サンポールで部品の錆落とし

自転車いじりネタです。

自転車愛好家の方のブログにあったので、まねしてみました。
私の自転車は 25年以上の車歴なので、錆びのでている部品があります。

例えば、シフトレバーのネジとか、

サンポールで錆落とし


シートポストのところのレバーとネジとか。

サンポールで錆落とし


以前は、しんちゅうブラシで擦って 錆落とししてましたが、今回は サンポール という
トイレのお掃除なんかに使う薬品(塩酸、希塩酸?)でやってみます。

サンポールで錆落とし


緑色のきれいな液体が サンポールの原液です。 錆びた部品をこの中につけておきます。

サンポールで錆落とし


30分くらいたったところ。 細かい泡でてきていて、何か化学反応してる感じ。(笑)

サンポールで錆落とし


途中で、しんちゅうブラシで擦って、またつけておきました。 1時間弱くらい。

サンポールで錆落とし


終わったら水でよーく洗い流すのですが、酸化を止めるのに 台所洗剤につけると
いいとあったのでやっておきました。 見た目は水みたいですけど、洗剤をとかしてあります。

サンポールで錆落とし


じゃじゃーん、結構きれいになりました。

サンポールで錆落とし


錆止めに 水置換性のある WAKO'S チェーンルブ を塗ったくっておきます。

サンポールで錆落とし


きれいにした部品をつけてみました。 シフトレバーです。

サンポールで錆落とし


シートポストのレバーです。

サンポールで錆落とし


反対側のネジです。

サンポールで錆落とし


あんまりお金もかけたくないけど、きれいにしておきたい。
そんなときには サンポール って感じですね。 あはは。

posted by おが at 06:01| Comment(0) | 自転車 いじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする